2008年06月17日

近視を治したい!

中学の時から、近視である私。
最近は、レーシックと言う、レーザー治療で、近視を治せる事を知った。
それも、失敗することは殆どないのだと言う。
中学の時から、めがねを掛けての生活からおさらばできる。
すばらしい事じゃないか。
私の、周りにもレーシックで近視を治療した人がちらほらといる様になった。
一般化するレーシック。
悩むことはないじゃないか。
ちょっと、レーシックを出来る医者を捜してみようじゃないか。
安全が第一だから、少しくらい遠くたって関係なしだ。

振り返れば、
私が近視になってしまったのは、中学2年の時だった。
両親も目は良く、兄弟も近眼の子はいなかった。
しかし、私の視力は落ちてしまった。
原因はわかっていた。
それは、睡眠時間の不足。
勉強のしすぎだ。
自分で言うのもなんだが。
小学校の時は、両目とも1.5だった。
視力が落ちるなんて事は全くなかった。
考えもしなかった。
それが、中学2年の秋になり、そろそろ受験が怖くなってきた。
そして、秋には、もう、受験勉強をし始めた。
それが、原因だった。
10時間近く寝ていた睡眠時間は7時間となり、
睡眠不足となっていった。
近視にならない方がおかしいと言った感じだ。
それでも、中学3年に上がる時には、1.2あった。
よく、1.2あったなとその時は思った。
それがだよ。
そんな流ちょうなことを言っている場合ではなかった。
その時は、近視がどれくらい大変なのかわかっていなかった。
受験勉強と称して、その後も勉強し、高校入学したときには、0.3に迄視力が落ちていた。

スポンサードリンク


posted by さとちん at 23:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。